コロナが妊活にもたらすもの

毎日コロナを聞かない日がなくなりましたね。

もうどこで感染してもおかしくない状況まできてしまいました。


そんな中 妊活中の方には辛い情報。

産婦人科学会が妊活を控えるように病院に通達を出されたようです。

コロナの妊婦や胎児に与える影響が分からないためだそうですが

年齢的な事もあるし少しでも早く子供を授かりたい人には

いつまでとは分からないし じれったい状況ですよね。


でもね、ここは少しポジティブに考えませんか?


仕事もセーブしていつもより夫婦でゆっくり過ごせる時間

お互いをゆっくり見つめる良い時間だと思います。


今まで話せなかった心のうちや 今後の人生についてゆっくり話せる。


そして何より 治療に行けないけど【行かなくてもいい】んです



私も休み休みだけど14年病院に通いました。

痛い思いや悲しい思いしかしないけど ベルトコンベアーに乗せられたように

次々検査、検査、検査、・・・それが済んだら タイミング法、AIH、体外、顕微と

果てなく繰り返されて 途中下車する勇気もなく感情も押し殺して進みました。



今思うと恐ろしいストレスで 

最後に病院をやめた時には身体から無駄な力が抜けた感じがしました。

あの状態でいくら科学的治療をしていても 私の場合は無理だったと思います

・・・・それは心を無視しているから。



だからね、今病院に行かなくてもいい間に 無駄に焦ることなく

じっくり自分の身体と心を整えて欲しいなと思います。



今回のコロナで学んだのは 免疫力と弱者を守る気持ちだと思っていて

今まで忙しく働き過ぎた人達に しっかり寝て体に良い物をちゃんと食べる事を教えてくれたし

お年寄りや病気を持っている人など弱者を労わる気持ちも忘れつつあるもの。

みんな色々な立場があってそれぞれに大変だけど

違う立場の人を思いやれる気持ちも大切ですよね。


妊活さんは妊活できなくて大変だけど

ワーキングマザーが今回の事で働きながら育児する大変さも垣間見れたから

今後子供を授かったときの人生設計もこの期間に夫婦で話し合っても良いかもしれない


私が妊活14年の後、子育て17年して思うこと

結局は自分、そして夫婦のあり方が大切で

子育ては15年もすれば もう子供は自分の道を歩んでいくから

子供がいてもいなくても一緒で 自分をしっかり持たなきゃね、って事。


自分の人生設計っていうと大袈裟で先の事は分からないかもしれないけど

年取った時に 『色々あったけど面白い人生だったな』って言えるように

今は子供に囚われてるかもしれないけど

それ以外の景色も見るようにできたらいいな、と思い

風水薬膳カウンセリングをしています。

こんな時期なので ZOOMを使ってゆっくりご自宅でお話しできますよ (*^-^*)


#高齢妊活#堀江昭佳#妊活お休み#妊活卒業#体外受精#アラフォー夫婦#フーナーテスト#風水薬膳#不妊治療#不妊漢方#コロナ




妊活応援ゆるめるプロジェクト

辛い妊活は卒業しませんか? ゆるめてひらける貴女らしい妊活法 心も身体もゆるめることから未来は輝きだします

0コメント

  • 1000 / 1000